ロアー3の家

Three Floor House

3階建て住宅 フロアー3の家

当社は長年、3階建て住宅を提案してきました。
それは、雪国の住宅として「雪おろしなし」「広い敷地を必要としない」など、エコ時代に最適で色々なメリットがあると考えたからです。
アサイの【フロアー3の家】を是非ご検討いただきたいと思います。お気軽にお問い合わせください。

特徴

広い土地はいりません

3階建てなら敷地を有効活用できます。

雪おろしスペースが不要で、建物内部に駐車スペースを確保した「ビルトインガレージ」を取り入れることで、余計な空地がいりません。
(ビルトインガレージは、インナーガレージとも呼ばれています。)

ビルトインガレージは雨の日も雪の日もぬれずに車の乗り降りができて便利です。

建て替えをお考えで土地が狭くてお悩みの方、一度ご相談ください。
土地をお探しの方には、当社にてご紹介いたします。

広い土地はいりません

165㎡(50坪)の敷地の例です。

特徴

災害に強い

台風や水による災害で多くの方が被害に合っています。
フロアー3の家は計算によって強い構造を持ち、特に1階がガレージのため、浸水等の水害には優れた力を発揮します。

特徴

地震に強い

フロアー3の家は1棟1棟、構造計算をしています。
梁は構造計算に基づいて、狙いの少ない集成材の大断面材を使用しています。
また、ホールダウン金物(引寄せ金物)で接合部の強度を高めます。

特徴

雪に強い

フロアー3の家の基本は、3階建てと水平屋根。

雪国の冬は常時季節風が吹いています。
地表より高くなるほど雪を吹き飛ばす力が強くなります。
だからフロアー3の家の屋根は地上9mの3階建て。
そして吹き溜まりができない水平な屋根なんです。

雪おろしの心配がいりません。

雪に強い

3階建ての理由

鉄骨造3階建タイプ

東日本大震災の大震災で感じたことは、今後の海岸沿いに再び住宅を建てられる方にとっても、当社のフロアー3の家(3階建鉄骨造)が最適であろうということです。
津波対策として、鉄骨造は強固です。
3階建てなので、3階または屋根に上がれば、約10mの津波でも対処でき、危険度はぐっと下がります。
また、太陽光発電も設置することで、災害後の停電にもある程度対応できます。
鉄骨造3階建タイプ

プラン

木造3階建タイプ

耐震性をさらに向上した本格的木造3階建て。

冬は窓を締めきりがち。だからシックハウスなどの注意が必要です。
軸組は全てムク材を使用(エコマテリアル)、内装材はノンホルムにこだわっています。

また、雪国での高断熱住宅はあたりまえですが、一年中冬ではありません。
夏には広々と大きな窓を思いっきり開放して、身も心もリフレッシュしたいものです。
雪に埋もれた暗い生活から抜け出し、3階建てならではの陽だまりのリビングで快適な冬をお過ごしいただけます。

木造3階建タイプ

プラン

廊下や階段が従来より広めになり、ゆったりとした空間になっています。
1階床面積 63.73㎡(19.24坪)
2階床面積 63.73㎡(19.24坪)
3階床面積 63.73㎡(19.24坪)
延床面積 182.49㎡(55.09坪)

家賃並の安さで快適な我が家を。

快適な我が家を家賃並みの返済で購入可能です。※必要経費は別途ご準備願います。
我が家だからこそ楽しめるガーデニングや菜園、友達を呼んでのパーティー。またペットの気兼ねもいりません。
一戸建てならではの、四面解放の空間でのびのびのライフスタイルをお楽しみください。

豊富なオプションや機能のバージョンアップをご用意しておりますのでお気軽にお問い合せください。

土地をお持ちの方は、建物を1,890万円~ご提案いたします。
※住宅ローンについては、お気軽にご相談ください。無料相談受付中!